にきび跡を消すレーザー治療

にきび跡を消すレーザー治療方法にはクリアタッチ、アクネブルー、ダイオードレーザー等のレーザー治療があります。

 

レーザー治療のクリアタッチは、複数の波長のフラッシュランプを発信するにきび跡を消すレーザー治療です。難治性のにきび跡を消すことや赤みのあるにきび跡を消すなど、根本的な治療ができる方法です。また、皮脂の分泌も抑えられ、マイルドなメラニン分解作用もあるレーザー治療です。

 

レーザー治療のアクネブルーは、にきびの光治療の新しい方法で、紫外線をカットした特定の可視光線を肌に照らし、にきび跡を消すことができます。

 

にきび菌は通常の代謝過程でプルフィリンという光毒性物質を生産します。アクネブルーによるレーザー治療では、特殊な光を毛穴に送り込み、ポルフィリンから活性酸素を発生させ、にきび菌を殺菌します。副作用のほとんどない、にきび跡を消す治療です。

 

レーザー治療の中でもダイオードレーザーを使ったにきびを消す治療は、従来の治療で失敗したタイプのにきびに最適といわれています。ダイオードレーザー導入は、にきび跡を消すことに苦労してきた人にはとても喜ばれています。毛の組織にダメージを与え、にきびの赤に反応するのです。副作用はありません。

 

ダイオードレーザーによるにきび跡を消す治療は表皮にダメージを与えることなく、高い熱量を照射することで、より深くまでレーザー光が作用するといわれています。治療後はにきびや吹き出物が減少します。

 

皮膚科や美容クリニックで、にきび跡を消すためにレーザー治療を受けるなら、しっかりとにきびの状態を判断してくれる信頼のおける医師のいる皮膚科・美容クリニックに行きましょう。