にきび跡を消すケミカルピーリング

にきび跡を消す治療に、ケミカルピーリングという治療方法があります。

 

グリコール酸などの薬剤を皮膚の表面に塗布すると、皮膚表面の古い角質をゆっくり取り去ることができます。皮膚の細胞に薬剤で刺激を与えて新陳代謝(ターンオーバー)を促進させ、にきび跡を消す治療。それが、ケミカルピーリングです。

 

にきび跡を消す治療のケミカルピーリングには、いろいろな薬剤が使われます。代表的な薬剤はAHA(アルファヒドロキシ酸、果実から抽出されることも多いのでフルーツ酸とも言われる)とTCA(トリクロール酸)。その他フェノール、ジェスナーズ液、サリチル酸などもケミカルピーリングに使われます。

 

現在、国内のエステや美容外科、皮膚科などで行われている、にきび跡を消すケミカルピーリングには、20-50%のAHA(おもにグリコール酸)を使っています。

 

このにきび跡を消すケミカルピーリングでは一時的な効果しかなく、TCAによるピーリングのほうが効果的です。ただし、時間がかかります

 

TCAによるにきび跡を消すケミカルピーリングにブルーピールとよばれるものがあります。これは15%のTCAに青い色をつけることによって医師がピールの深さをわかりやすくするものです。

 

にきび跡を消すケミカルピーリングでは、術前や術後の治療が非常に重要です。皮膚の角質や表皮をはがすことになりますから、バリア機能や水分保持などの対処が必要です。充分な知識をもった皮膚科の医師のもとで受けるようにしましょう。