にきび跡を消す治療方法で迷っている人は多いですね。にきび跡には深いものと浅いものがあり、それぞれ、にきび跡の治療の方法は変わってきます。

 

浅い陥没のにきび跡を消すなら、グリコール酸によるケミカルピーリングという治療方法でにきび跡と周囲の皮膚との段差が少なくなり、にきび跡が目立たなくなります。

 

深い陥没のにきび跡を消す治療には、トリクロロ酸やサリチル酸など、やや強めの酸を用いたケミカルピーリングの治療が行われます。

 

にきび跡が盛り上がっている場合は、外科的に切って縫い合わせる方法や、ステロイド薬を局所注射する治療が行われることもあります。

 

にきび跡が茶色く色素沈着してシミになっていて陥没の場合は、毛細血管の拡張状態などがあり、治療も難しいようです。

 

にきび跡が色素沈着によるシミになっているだけなら、ケミカルピーリングという治療やダイヤモンドピーリングという治療法でにきび跡を目立たなくすることができます。また、ある種のフラッシュランプによる光を皮膚にあてることで、血管を壊して赤みを消すという光治療もあります。

 

にきび跡を消す治療はいろいろありますが、どれも保険がききません。にきび跡を治療するとしたら、実費になります。にきび跡にはいろいろな種類があるので、医師とよく相談して治療しましょう。

 

にきび跡を消す治療は、意外と大変なものです。症状が軽いうちににきび跡の治療をしてしまいましょう。またにきびやにきび跡が軽いうちなら、自宅でのピーリング治療などもできます。