にきび跡を消す方法

にきびが悪化し炎症を起こしたあと、破裂して膿が出て、上手くいけばきれいに治りますが、下手をするとにきび跡になってしまいます。

 

人間の皮膚には自然治癒力があり、自分でにきびを治す力がありますが、そのとき固い治癒性のコラーゲンがたくさん作られて、傷を治し、跡を消すのです。

 

毛穴も同じでにきびが破裂して毛穴が傷つくと、治癒性のコラーゲンが集まってきます。そして、開いた毛穴でそのまま固まってしまったものはにきび跡となり、消すのが難しくなります。

 

小さなにきび跡は、単なる毛穴の開きのようにも見えますが、実はまったく違います。

 

毛穴の開きならキュッと治せますが、にきび跡をすぐ治す薬があるわけではありません。

 

でも、にきび跡を治すと言っても、赤ちゃん肌のようにつるつるに治すことは不可能ですが、時間をかけて徐々になめらかにし、にきび跡を消すことができます。

にきび跡を自宅で治すなら、これでトライ!

にきび対策のスキンケアはいろいろ出ていますが、どちらかというと軽度のにきびに効くものや、ニキビ予防の化粧品が多いですね。

 

そんな中で、「にきび跡」に悩む人にもうれしいのが、「ビーグレン(b.glen)」

 

医療レベルの浸透技術がにきび跡にも絶大な効果!口コミで人気の広がっているにきび対策のスキンケア化粧品です。洗顔料、化粧水、高濃度のビタミンC美容液という黄金の3ステップで、にきび跡や、にきびの赤みが目立たなくなってきたという使用者の声もたくさんあります。
トライアルセットは、格安の1,890円です。

 

      >>> ビーグレン(b.glen)の詳細・口コミは、こちらから

にきび跡を消す方法のひとつ、ピーリング

にきび跡を消す方法のひとつにピーリングがあり、続けると肌のデコボコがサイズダウンしていきます。

 

にきび跡や、これからできるにきびの原因となる、肌の表面の厚くなった古い角質を取り除き、毛穴に詰まっている皮脂を分泌させ、肌本来のターンオーバーを促すからです。

 

ピーリングは自宅で、ピーリング石鹸を使って行うこともできます。ピーリング石鹸なら、医療用と同じAHAグリコール酸を使っている「アイナソープ400」が、定評があります。

 

       >>> アイナソープ400の詳細は、こちらから

 

市販のピーリング石鹸は、皮膚科などが処方するものより濃度が低いので、そんなに心配しなくても始められます。

 

初めての方は、使い方をよく読んで自宅ピーリングを行いましょう。(にきび跡がかなりひどい場合には、皮膚科の専門医に診てもらうことをおすすめします)

皮膚科・美容皮膚科で受けられる、にきび跡を消す治療

美容皮膚科で行っているにきび跡を消す治療方法には、ダイヤモンド粒子でデコボコをなくす「ダイヤモンドピーリング」や、毛穴にコラーゲンなどを注入して見た目に肌を平らに治す方法、レーザーでコラーゲンを再生させる方法などがあります。

 

皮膚科などでにきび跡の治療をするときには、信頼できる医師のいる皮膚科や美容クリニックを選びましょう。